日蝕でした。

200907221109eclips519


天気が悪かったのですが、
11時9分頃に太陽を見ることができました。
ちょうど大きく欠けているところです。

問題のこたえ:③コンビニ
19日には大きな虹。左下にコンビニの看板が写ってます。

200907191500

| | コメント (0)

ひみつ基地が。。。

こんなことになっています……。
残念です。

Kichi600


| | コメント (0)

成長著しい。。。成長期

コドモの卒業式、入学式、そしてゴールデンウィーク、はたまた体育祭まで終わってしまいました。。。

小学校卒業前から今日に至るまでのコドモの成長の著しさたるや。。。もしかして私が縮んでいるのかい?と目を疑うほど、まるで植物の成長のごとく日々背丈をのばしております。

ダンナ、コドモ、私と家族3人で街を歩いていると、自分の背の低さをつくづく思い知らされるのです。

先週の土曜日(7日)には、コドモ待望の海釣りへ3人で。

イワシが70匹くらい釣れました! 

Sakana


|

もうすぐ。。。卒業

コドモの卒業の日が刻々と迫っております。

それに付随して、卒業関連の行事も目白押し!!
毎日、その準備に大忙し、脳みそフルに回転させながら、アタフタと奔走中。

卒業式の前に『感謝の会』と言うものがあって、そこで母たちがコドモたちに歌のプレゼントをする。
今年は、コブクロの「YELL~エール~」。
この歌は、コブクロが道端で歌っていた頃から彼らを支えていた小渕さんのお姉さんが、はじめての
ライブを見た後に贈ってくれた手紙をもとに書かれたうたとのこと。

歌っているといつも同じところで言葉が詰まってしまうのです。


『あなたが今日まで歩いてた この道まちがいはないから

                    春には大きな 君が花になれ 』

小さな花でも、大きな花でもいいから、色んなことを経験してたくさんの肥やしを得て、自分だけの花を
自信を持って咲かせ欲しい。。。と『YELL~エール~』に涙しながら思う母でした。


|

中学生!。。。そして弁当

昨日、コドモの中学校の入学説明会があった。

いよいよ、コドモも“ティーン”の仲間入り、青春時代のはじまりです。

ウチの方の中学は給食でなく弁当持参!その辺りで、周りの母たちは頭を悩ませている様子。
私は…というと。

高校のときから、マイ弁当を作っていたおかげで弁当作りはお手の物でござんす。
大方20分もあれば、一人分くらいの弁当ならば大丈夫。。。逆にどんな弁当でコドモをうならせようかと今からワクワク☆
そしていつかはコドモに自分の弁当は自分で作る!ように仕込んでいくかぁ~!と企む母であった。

しかし、昼食の時間が15分とは、びっくり!

|

寒い~!!!

昼間、チョット用事があったので近くの駅前まで運動のためせっせとウォーキング!
さすがに、歩いていると身体の芯はホカホカと暖まってくる。しかし、家へ着くと風邪に当たっていた体の表面は氷のように冷えていた。

こんな日は、何か温かいものを食べなければ。。。


昨年の暮れに、念願の卓上七輪を購入。三連休の初日、ご近所の友人を誘って新年会でも。。。
生憎、都合がつかず、昼間っから夫婦2人でちまちまと七輪を囲んだのでありました。(コドモは風の子、寒い中外で遊んでおりました)

Imgp8817    Imgp8821

備長炭の遠赤外線の火で焼かれた野菜やお肉は格別です。特に椎茸とねぎ、旨い!
遠赤外線は、心も身体もぽっかぽかにしてくれます。(写真クリックで拡大オススメ!)
七輪ばんざ~い!備長炭ばんざ~い!

さてさて、今日の夕飯は温かいおでんにでもしますか~。

| | コメント (2)

タイそして、ベトナムの夕べ

先日、何かのテレビ番組でタレントのベッキーが、東南アジアの国をめぐり、3日間一食ワンコインでどんだけ!食べられるか。っていうのをやっていた。

食いしん坊の私と、コドモ、それを見るや否や、、もうタイ料理そしてベトナム料理が食べたいの何の。。。

早速、次の日の晩御飯は、タイそしてベトナム料理の宴だったのでありました。
さすがに、一から作るのはちっと無理。。タイ料理ペーストとか手軽に作れるキットを購入し、少しアレンジを加えてできたのがこれ。いや~旨かった!

Imgp8828
ヤム・ウンセン(春雨のサラダ)、カオ・ナー・カイ(バジル風味)、そして蒸し鶏のフォー
Imgp8830Imgp8831


| | コメント (0)

へたこいた~。。。

てっきり、本日は11日で鏡開きだと勘違い。小島よしおではないけれど、“へたこいた~!”

昼から煮ていた小豆も美味しそうに煮えて、さぁ、お三時には善哉、はたまたあんころもち?

080110_14500001_3

な~んてうきうきしながらパックの鏡餅をあけて。。。んっ?今日は木曜日かぁ~、って事は。。まだ10日!!

あわてて鏡餅を元に戻し、食卓にあったみかんをてっぺんに乗せ、元の鞘に無理やり収めたのでした。。。

失礼しました、八百万の神様。。。どうかばちは当てないで下さい。

| | コメント (0)

母にもサンタがやってきた!

ちょっとさかのぼるが、12月25日、クリスマスの朝のこと。。。

トイレに行きたくて目が覚める。まだ外は闇の中、めざまし時計に手をのばし時間を見るとまだ早朝、5:20。
ダンナもコドモもぐっすり、爆睡中。

“うっ~、まだこんな時間。。。”

しかし、生理現象には勝てません。トイレへ行き、ぶるっ、と身震いしながら再び布団へIN。時計を確認し、
あと2時間くらい寝られるかなぁ。もう一度、めざまし時計をセットしなおし、考えるのも束の間、即夢の中へ。

カーテン越しのやさしい日の光が、心地よいまぶしさを感じさせる。

“おぉ~、もう朝かぁ!めざまし鳴る前に消しとくか。。。”と半開きの目を擦りながらめざましに手をやると。。。

“何だコレ!”

そのめざまし時計の下に、きれいにラッピングされた四角い包みが置いてあった。

“サンタだ!おぉ~、サンタがきたぁ!”

年甲斐もなく、小躍りしたくなるようなうれしさ。あまりのうれしさに、横で寝ているコドモを揺さぶり起こす。

“お母さんにもサンタが来たよ!”

“へ~っ。。”とちょっぴり驚いたように微笑むコドモ。

布団に入ったまま包みを開ける。そこには、少し前にレンタルビデオ屋で探していた映画『アマデウス』のDVD
その時は、久々に観たくなって借りてきたのだが、どうしても途中で寝てしまい、結局中途半端で返してしまったのだ。

ダンナが起きた。

“サンタが来たんだよ!”と告げると

“お~お”と笑っている。

これは、ダンナの仕業に違いない!とその夜コドモが寝た後に訪ねてみる。

“う~ん、どうだろうね。でも、枕元に置いてはいないよ”ととぼける。
更に追求してみるが、やはり枕元に置いてはいないらしい。。。

となると。。。残るはアイツしかいない!

でも、5時に起きた時は何も無かったし、朝起こした時もコドモは寝ていた様子だし。。。あの2時間の間に?
まるで、推理小説の探偵の様に考えるが、結局真相はわからずじまい、というかあえて追求はしないことにした。

その謎のサンタがこっそりと私の枕元にプレゼントを置く姿を想像すると。。。思わず。。。(笑)

いつの間にかコドモは私の頭をピョ~ンと飛び越えて行ったようだ。

しかし、サンタがやって来る!というのがこんなに嬉しいことなのかと改めて感じたのだった。
大小2人のサンタさんに感謝。。。ありがとう。

| | コメント (0)

謹賀新年!

しばらく、“閉店ガラガラ”状態でしたが、新年の幕開けと共に祝☆再開といたします。

早速、お正月のご報告。

毎年1月2日は、亡くなった母の祥月命日と言うこともあり、巣鴨のとげぬき地蔵の近くまでお墓参りに行きます。その帰りに、地蔵通り商店街をプラプラし、下町の風情を楽しんで帰ってきました。

例年だと、お墓参り→映画な~んてコースになるのですが、今年はなんとなく体力に自信がなく、映画は別の日にということになり、一日置いた4日に花の銀座へ映画を観に行ってまいりました。

最近は、映画を観ると言うと近所のシネコンで観ることが多く、物足りなさを感じていたのですが、久々の『日劇』70ミリとまではいかなくても、大きな劇場で映画を観る醍醐味。。。ご満悦です。
観た映画はニコラス・ケイジ主演「ナショナルトレジャー リンカーン暗殺者の日記」お正月にふさわしい超大作!
「ダヴィンチコード」(映画はイマイチ。。)あたりから、謎解き&史実物がお気に入りで。。。
内容も(よくを言えば諸々ありますが。。。)スケールの大きさといい、なかなか楽しめました。

映画を観た後、銀ブラしながら『煉瓦亭』でお昼でも。。と思ったのですが生憎お休み(残念!)しかたなく、その近くにあった『スイス』という名前の洋食屋で名物のかつカレーを堪能。
Imgp8794_3

久々の銀座。。歩き倒すのが銀座だぁ~、とダンナと息子に激をとばしながら晴海通りを闊歩。
そこに神々しく鎮座ましました歌舞伎座が見えてくると。。。そうだ!歌舞伎を見て帰ろう。
幸いに、歌舞伎座には一幕だけ見られるチケットがあり、お正月ということで、松本幸四郎、染五郎と豪華スターの勢ぞろい、そして、幸四郎と染五郎の連獅子が観られるとあれば、素通りはできません。
一幕席¥1,200のチケットを買い、4階の席へ。。。立ち見も出る程の満員御礼!外国人のお客さんも多く、日本人の体型、それも昔の人サイズに合わせて作られた座席はあまりにも窮屈そうで、気の毒。

そうこうしていると幕があがり、一つめの「鶴寿千歳」という箏曲の舞踊、ここでは人間国宝の中村芝翫の舞を見ることができました。芝翫がしなをつくると、いいタイミングで大向こうから“成駒屋”の掛け声。
その掛け声に、驚き振り返る外国人の子供。。。大向こうの掛け声がかかるたびに、この外国人の子供はピクピクと驚く、しまいには、このあたりで掛け声がかかるのでは?といったタイミングで先に振り返り、まるで催促をするかのようで、ちょっとちがう楽しみも味わうことができたのでした。

さてさて、いよいよ幸四郎、染五郎の「連獅子」、雅なお二人の姿にしばしうっとり、クライマックスの例の頭をぐるぐる振るヤツ(毛振りというそうです)、若い染五郎に幸四郎がおされ気味な感じでしたが、なかなか圧巻。最後のポーズをビシッと決め、“高麗屋!”の掛け声が掛かると、鳥肌物。
Imgp8812

とにもかくにも、歌舞伎鑑賞のおかげでお正月らしいひと時を過ごしたのでありました。

| | コメント (2)